「放射能がやばい」と福島出身女性を呼び寄せ暴行 -東京-

福島に住む女性に「放射能がやばいから、東京においでよ」などと持ちかけ自宅にに呼び寄せ、女性を風俗店で働かせる一方、女性の顔面を殴るなど暴力を振るっていたとして、男が逮捕されました。

同居も恋愛も当人たちの自由ですが、さすがにそこに至るまでの男の手口が下劣すぎたようで、各所で取り上げられる結果となってしまったようです。

「放射能危ないから東京においでよ」 福島の女性を風俗店で働かせ殴る 自称DJ逮捕

インターネットで知り合って自宅で同居していた女性を殴ってけがを負わせたとして、警視庁城東署は、傷害の疑いで、東京都江東区大島、自称DJ、岡崎雅容疑者(33)を逮捕した。同署によると、「暴行したのは間違いないが、けがをさせるほどではなかった」と一部否認している。

同署によると、岡崎容疑者は東日本大震災後、福島県伊達市に住む無職女性(28)に「原発事故の放射能がやばいから、東京においでよ」などと持ち掛けて自宅に呼び寄せ、平成23年4月から同居していた。女性とは21年10月、ネット上のコミュニティーサイトで知り合ったという。

逮捕容疑は、今年3月末に自宅で、女性の顔を殴り、鼻の骨を折るなどしたとしている。

同署によると、女性は同居を始めて約1カ月後から日常的に殴られるようになったため、同署に相談していた。女性は風俗店で働かされ、給料や財布、携帯電話などを取り上げられていたという。

報道では「自称DJ」となっていますが、NAVERまとめではかなり素性に迫った記事などもアップされているようです。

この手のクセの悪さはもう病気の類ですし、いい年をしてこの体たらくであれば、更生を望むよりもむしろ関係する人が少しでも減ることを祈るくらいしか出来ないのでは、と思ってしまいます。

こういった環境を背負った女性が所属した、もしくは所属しているお店は少なくないと思います。
店舗側、というか男性目線からすれば「なんでそんなのと一緒にいるんだ」と疑問に思ってしまうのですが、常に一定数が存在している印象です。

その辺、あまり突っ込んでしまうと対応が難しい話ですし、お店の女性管理に関する考え方の部分なのでそれぞれでしょうが、若い娘中心のお店などで「女性の生活環境や背景を把握することは女性管理の一環として当然のことだ」という方針のお店だったりすると、この事件ほどガッツリ殴られているケースまでいかなくとも、いわゆるDV系の話はポコポコ出てきますよね。

そして大抵の相談役は、肩入れし過ぎず解決策の提示をする程度が精一杯です。対応しなければならない女性の人数も人数ですし。
ボランティアで駆け込み寺をやっているわけでもないので仕方がないです。

こういう事件に第三者が入って解決できるケースは稀ですし、被害者自体が介入を希望していないことも多く、それが尚更やるせなさを実感させるのですが、自分の店に関わった女性であれば、それも何かの縁ですから、逃げ道の提案などを含めて可能な限り力になってあげたいものです。

関連ニュース

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

ページTOPへ