アロチ健全化作戦 客引き一掃目指し -和歌山-

和歌山県で6月1日の改正迷惑防止条例施行にあわせ、県警がアロチの健全化に向け取り締まりを強化し、客引きを行うカラス族たちの撲滅を目指すようです。

アロチの「カラス族」一掃へ 和歌山県警

改正された迷惑防止条例「公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例」の6月1日の施行を受けて、県警は和歌山市の歓楽街「アロチ」の健全化作戦に乗り出す。キャバクラや風俗案内所などへの客引きを行っている黒いスーツを身にまとった「カラス族」の一掃を目指す。

これまでも客引きは風俗営業法などで禁止されていたが、対象が店舗経営者や従業員に限られており、複数の店舗を掛け持ちして紹介料を得る客引きは、取り締まり対象外だった。今回の改正で客引き自体が禁止されたことにより、警察の指導に従わない場合は中止命令違反で検挙できることになった。違反者には、50万円以下の罰金か6カ月以下の懲役などが科せられる。

また、県公安委員会が定めたアロチ周辺の規制地域では、客引きの相手を待つ行為も禁止になるなど厳しい改正だ。その他、女性に対するスカウト行為の禁止や、配布を目的にした「ピンクビラ」の所持、公衆便所での「のぞき見」「卑わいな言動」などの禁止が新たに定められた。

アロチ周辺で営業しているタクシー運転手によると、ここ3年ほどの間にカラス族は急激に増加した。アロチ周辺を歩くと、交差点ごとに客引きに声を掛けられることもあるという。また週末になると、車道でも構わずたむろし、接触事故の危険性も高いという。

運転手は「店の前にカラス族にたむろされるので、場所を移動した飲食店もある。警察が客引きを規制してくれれば、健全なアロチになり、若い人も戻るんじゃないかな」とアロチの生まれ変わりに期待していた。

「アロチ」とは、和歌山県和歌山市にある歓楽街のことで、新内(アロチ)、北新地、友田町の西あたりをいいます。
新内と書いてアロチとは、なかなか初見殺しですね。

この手のネタになるたびに繰り返し書いている気がしますけれども、私は「客引き絶対反対派」なので、こうした条例改正は原則賛成の立場です。

記事では「カラス族」と呼ばれる、キャバクラ・風俗案内所への客引きを行なっている連中の取り締まりを中心に掲げていて、それは全く結構な話なのですが、一般飲食店の客引きも相当に鬱陶しいものです。
これは風営法じゃなかなか引っ張りづらいですから、客引きそのものをバッサリNGにしていただくことは、ある意味乱暴にも見えかねませんが、通行人の立場からすれば非常にありがたいですね。

もちろん、生活がかかっている地元店舗の方々のなかには、たまったものではないと憤りを感じる向きもおいででしょうが、多くの無関係な人に迷惑をかけることが前提の集客であれば、やはり考えなおして欲しいというのが率直な感想です。

それぞれが分をわきまえた客引きであれば「街の賑わい」で済んでいた話なのかもしれませんが、時代は完全に変わってしまいました。
私のような客引きを毛嫌いする人間が増えたことが先か、節度を知らない客引きの行き過ぎた迷惑行為が先かはわかりませんが、いまさらそんなことを言っても仕方のない段階にきているのでしょう。

他県でもこういった条例での補完が進むことを期待します。

関連ニュース

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

ページTOPへ