店外デート罰金30万円 恐喝で逮捕 -札幌-

店外デートの罰金名目で客から30万円を脅し取ろうとしたとして、風俗店店長と女性従業員が逮捕されました。
客から罰金…ですか?

店外デートで“罰金”17万円…従業員が恋人の店長と共謀

「店外デート」をした罰金名目で金を脅し取ったとして、札幌・中央署は9日までに、恐喝などの疑いで札幌市白石区の風俗店店長鎌田成治容疑者(34)と、岩見沢市の女性店員(19)を逮捕した。

逮捕容疑は4月27日夜、札幌市中央区の繁華街ススキノの路上で、千歳市の男性自衛官(30)から17万円を脅し取るなどした疑い。

中央署などによると、女性店員は鎌田容疑者が店長を務めるファッションヘルスの従業員で、2人は恋人同士。共謀し、4月27日に客として同店を訪れた自衛官に女性店員が店外で会うように誘導。捜査関係者によると「いわゆる本番行為をにおわせた内容」という。自衛官はその日のうちに、女性店員とススキノの路上で待ち合わせた。そこに鎌田容疑者が現れて「店外で会ったら罰金30万円だ。事務所に行くぞ」などと脅した。捜査関係者は「店で受けた性的サービス以上の行為をエサにされ、誘いに乗ってしまったのでは」と話している。

店長と嬢は、いわゆる風紀(従業員と嬢が付き合うこと)で、嬢から客に店外デートを持ちかけられ、ホイホイついていったところ脅されてしまったようです。

「店外で会ったら罰金30万円だ」って、嬢が罰金請求されるならわかりますが…今どきお客様相手にこんなことやってしまったら、恐喝であげられるに決まっています。
罰金請求の方法も短絡的でヒドイもんですし、風紀どうこう店外罰金どうこうという話は関係なく、単に出来の悪い美人局だったようです。

こういったものは、自分から具体的金額など請求せず…というよりも「カネ払え」は絶対に口にしてはいけなくて、相手から提案させるのが常道だと思われますが、あまり業界経験の無い方なのか、もしくは同じやり口で上手く行ってしまった余罪があるのか、どうしてもカネに困っていたのかはわかりませんが、もう少し慎重にことを運ぶべきだったかもしれませんね。

お客様を恐喝しようなんてお店は放っておいてもじきに消えますが、スタッフはどこに潜り込んでくるかわかりませんから困ったものです。
店舗運営スタッフに絡むトラブルが存在するのはどこの業界も同じでしょうが、客から商品まですべてが「人」で回っている分、売上にドカンと直結します。

また、仕方のないことですが、従業員さんのちょっとした言動などは、少しでも嬢をイラッとさせようものなら露骨に店長やオーナーに報告されているものです。不満の積み重ねでもあろうものなら盛大に盛られることもあるでしょう。
新人スタッフさんは特に、間違っても身に覚えのない疑いなどかけられぬよう、言動には気をつけましょう。

関連ニュース

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

ページTOPへ