無許可の「水着ガールズバー」摘発 -大阪-

少し前の摘発事例ですが、まだ当サイトでは取り上げていなかったので掲載しました。

女子高生が水着姿で…ガールズバー経営者ら逮捕

無許可でガールズバーを営業したとして、大阪府警保安課などは12日、大阪市都島区の「MALIBU PINE」経営・山田哲也容疑者(26)ら2人を風営法違反(無許可営業)の疑いで逮捕した、と発表した。

店員が水着姿で長時間、客と談笑するなどしており、府警は「接待行為に該当し、違法」と判断した。

発表では、山田容疑者らは4月11日夕、風俗営業の許可を得ずに、女子高生(17)ら2人に水着を着させ、男性客と会話させたり、カラオケを歌わせたりするなどの接待をさせた疑い。2人は容疑を認めている。

府警は、大阪・ミナミのガールズバーで2月、店員の女子高生が酒を飲んで死亡した事件を受け、指導を強化。カウンター越しでも、接待の実態がある店には警告し、改善されなければ摘発する方針で、山田容疑者らの店も3月に警告を受けていた。

こうしたアイディア風俗といいますか、グレーゾーンを攻める業態というのは、昔に比べて摘発までのスピードがどんどん上がっている印象です。

記事にもあるとおり、ガールズバーで、ましてや大阪ということで、アルバイトをしていた女子高生が飲酒後に死亡した事件を受け、取り締まり強化中だった影響も多分にあったのでしょう。

ガールズバーも、それこそ片手にさえ余るほどのたった数年前までは競合もまだ少なく、近畿圏で早めに店を構えていたオーナーさんから「これからはガールズバー」といった話を聞かされたことがありました。
新業態での先行者利益はやはり魅力的なものです。

が、これだけ法規制や条例の厳格化が進んでいる風俗営業がらみで先行者利益を得るのは、今や相当に困難です。
だからこその先行者利益なのでしょうが、アイディアが単なるイケイケなだけの業態だったりすれば、それこそ十分な利益を得た実感なく摘発の憂き目に合うこともしばしばです。

そんな自業自得の摘発事例を抜きにしても、どうしても参入が容易な上に法律的に突っつかれやすいものの場合が多く、ケースによっては「レッドオーシャン化するまでの短距離走」といった趣すらあります。

なんだか世知辛い世の中になったという感じが無きにしも非ずですが、自信を持って続けていける商売に邁進したいものですね。

関連ニュース

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

ページTOPへ