風俗店店員が振り込め詐欺 -岩手-

振り込め詐欺で捕まった人を見ると、どうも「風俗店従業員」とか「風俗店店員」と報道されているケースが多い気がするのですが…

振り込め詐欺:東京拠点のグループ、3容疑者を再逮捕 /岩手

東京都を拠点とする振り込め詐欺グループの男11人が逮捕された事件で、岩手、茨城、三重3県警の合同捜査班は22日、東京都豊島区南大塚1、風俗店従業員、佐々木耕平(23)▽同区西池袋5、同、星和也(24)▽同区東池袋2、同、山下将司(23)--の3容疑者を詐欺容疑で再逮捕した。

逮捕容疑は09年3月下旬ごろから同5月8日までに、ダイレクトメールを見て連絡してきた一戸町の女性パート従業員と川崎市の無職女性に、「融資のためには保証金が必要」などと偽り、計約217万円を銀行口座に振り込ませた疑い。

ということで風俗店従業員が逮捕されたようです。

しかし合同捜査班が岩手、茨城、三重の三県にまたがっているって、なんだかものすごい事件のように思えてきますね。日本全国手当たりしだい、といった様相です。

このケースはいわゆる融資保障詐欺というヤツでしょうが、切羽詰っているところで言葉巧みに説明されたら納得してしまう人もいるのでしょうね。

「こんなの自分は引っかからない」と思っていても、被害者の中には周囲からもそう思われていたような人がスコンと騙されたりすることもあるようですから怖いです。精神状態なんて皆常に一定ではありませんし。

振り込め詐欺も「100回トライして99回失敗しても1匹釣れたら大成功」といった感じでしょうから、自分が1匹にならないように気をつけたいものです。

胡散臭いものを感じたら、自分が調べられる範囲でもウラを取る癖をつけましょう!

関連ニュース

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

ページTOPへ