女性の65人に1人は風俗嬢

単純計算で風俗嬢は46万人存在し、日本の65人に1人は風俗嬢、という計算になるそうです。

日本女性の19~55歳を3000万人とすれば65人に1人が風俗嬢

「日本人女性の200人に1人はAV嬢」という情報もあるが、世界にその名を轟かすAV先進国ニッポンを支えているのは、潤沢な「女優供給力」である。

素人ナンパもの専門のアダルトビデオ監督・ナンバ氏は「最近スカウトがどんどん簡単になってきている」と証言する。

「最近の女性は、AV出演に対するハードルがものすごく低いんです。渋谷のセンター街あたりで出演交渉しても、ホイホイついてくる。200人に1人どころか、50人に1人くらいの印象です。ただひとついえるのは、出演に応じるのは全くの素人女性より“プロ”の可能性が高い。いわゆるフーゾク経験者が圧倒的多数なんです」

つまり、フーゾク経験者はAV女優よりもっと多いということだろう。

警察庁統計によれば、2010年度の風俗関連特殊営業件数は約2万3000件。ソープやデリヘルなどの経営に携わる関係者によれば「平均して1店舗約20人の在籍者がいる」という。すると、単純計算でも約46万人のフーゾク嬢がいることになる。日本における19歳から55歳の女性の数は約3000万人とすれば、女性の65人に1人がフーゾク嬢ということになるわけだ。

※週刊ポスト2011年12月23日号

「65人に1人」というのは、あくまで届け出されている風俗店の数に「1店舗の在籍者はたぶんこんなもの」というアイマイな数字をかけて導き出されたものなので信憑性は微妙ですが、面白い計算ですね。

数字の根拠からすれば「現役の」風俗嬢ということですから、過去3年以内の経験者を含んだ人数ともなればもっと数字は増えるでしょうし、個人的な印象からすれば、65人に1人なんてものではないかも?とすら思わなくもないですが、対象が膨大すぎて想像がつきません。

1店舗約20人の風俗嬢が在籍するという平均数値が一番根拠がなく、また誰も正解を導き出すことが出来ないためウソともホントとも言えないのですが、これもソープやハコなど勤怠管理が比較的しっかりしている風俗店と、自由出勤を標榜するライトな風俗や昨今のデリヘルなんかでは、同じ20人でも商売になるならないが分かれてしまいます。掛け持ちもありますしね。

週4~5日勤務の嬢を20人も抱えるハコならキャパ次第でかなり儲かるでしょうが、仮に出勤率3割程度のデリヘルであれば、在籍が20人いても諸経費考えるとサラリーマンの給料くらいしか残らないかもしれません。

さらに「日本人女性の200人に1人はAV嬢」という、どこから生まれたかわからない情報も登場していますが、AVともなれば、広告だけで月100万200万というコストを、年に1人当たれば(売れっ子が抱えられれば)といった皮算用で運用しているプロダクションも多いのではないでしょうか。

出演してくれる娘の頭数を揃えるのは大前提なので、確かにAV嬢の数も相当数に上ることは間違いないでしょうね。

ただ、大きな利益をもたらしてくれる金の卵を捕まえるとなると話は全く別で、もうそれはどこも死に物狂いですから、いくら日本人女性のAV出演に対するハードルが低くなってきたとはいえ、おいそれと「俺もスカウトしてみよう!」などと素人が飛び込むだけでは、ビジネスとしての勝算は薄そうです。

関連ニュース

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

ページTOPへ