17歳少女2人を派遣のデリヘル摘発 -佐賀-

佐賀で18歳未満の少女2名を派遣したとして、デリヘル経営者の男が逮捕されました。
情報提供から摘発に至ったようですが…

17歳少女2人デリヘル派遣 容疑で男を逮捕 佐賀市

佐賀署は5日、児童福祉法違反(児童に淫行(いんこう)させる行為)の疑いで、佐賀市愛敬町、自営業川崎大輔容疑者(23)を逮捕した。

逮捕容疑は10月上旬ごろ、当時17歳の少女2人に対し、それぞれ佐賀市内のマンションで男性を相手にみだらな行為をさせた疑い。容疑を認めている。

同署によると、川崎容疑者は経営するデリバリーヘルス(無店舗型風俗店)で18歳未満と知りながら2人をホステスとして雇い、男性客へ派遣した。10月下旬、「未成年者がデリヘルで働いているようだ」との情報提供があり捜査していた。

情報提供を発端として摘発まで至ったようですが、まあほぼ同業者のタレコミで間違いないのではないでしょうか。
18歳未満の需要は根強いですから、お客さんがわざわざ取り締まってくれというパターンは少ないようです。

あまり大きくない街での出来事であれば、秘密裏に違法行為を…などということは困難極まりないですから、17歳と知っていて派遣したのであればなおのこと、いわば自殺のようなものです。

近隣が摘発されてくれれば、他店にとっては元手をかけずに女性を大量獲得できるチャンスがめぐってくるわけですから、ワルいことをやっている確証が取れたお店に関しては、ガンガン通報を行うのが当たり前のスタンスだと思われます。

ただ、確証もないのにいたずらに通報するようなことは控えましょう。
キッチリとバレます。

関連ニュース

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

ページTOPへ