高校教諭が風俗店女性から現金窃盗 -秋田-

派遣型風俗店の女性から現金を盗んだ高校教諭が逮捕されました。

仙台の高校教諭逮捕、秋田中央署 風俗店女性から現金窃盗容疑

秋田中央署は29日、派遣型風俗店の10代女性から現金を盗んだとして、窃盗の疑いで仙台市若林区沖野、同市内の私立高校教諭柴又隆治容疑者(31)を逮捕した。

逮捕容疑は8月11日夜から12日未明の間に、秋田市大町のホテルで、女性のかばんから1万6千円を盗んだ疑い。容疑を認めているという。

同署によると、柴又容疑者は客として風俗店から女性を呼んだ。女性は別れた後に被害に気付き、翌12日に被害届を出した。2人はこの日初めて会ったという。

柴又容疑者が勤める私立高校は仙台市内にあるそうで、秋田市に来ていた理由は「私用」とのことですが、はたして衝動的な犯行なのか計画性があったのか。

仙台市若林区といえば震災の被害も大きかったと思います。
そこに起因して自暴自棄になってしまったなどマイナスの作用があったことは考えられますし、それは被災者みながそうだとはいえ、やはりやり切れなさを感じる部分があります。

ただ、ハナから表ざたにしたくなさそうな職業の、ましてや若い女性相手に犯行を働くつもりでいたのだとすれば、やっぱりクソ野郎ですね。

この手の事件は、立場が逆のパターン、すなわち派遣女性がお客様の財布に手をかけることも含め、今後も無くなることはありませんから、当事者は対策おさおさ怠りなく、お互い良い時間を過ごしたいものです。

関連ニュース

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

ページTOPへ