東京電力社員お断り!の風俗店 -北海道-

風俗店による東京電力社員お断りのお知らせが、ネット上の一部で話題になっているそうです。
店舗を全面的に支持する声が圧倒的のようですが…

東京電力社員が経費で風俗サービスを受けている疑惑が浮上 / 風俗店「確かに東京電力と領収書に書いた」

北海道・札幌のセクシー系メンズエステ店『オリーブガーデン』が怒りをあらわにしている。公式サイトに「9月14日から福島原子力発電所の問題が解決するまで東京電力の正社員、オリーブガーデンのご利用を一切お断り致します」と記述し、東京電力に対して批判的なコメントを発表しているのだ。

非常に正義感の強いメンズエステ店なのだろう。国民も東京電力のグダグダな対応には激怒しており、その怒りは理解できるものである。しかし、このメンズエステ店が怒りを感じたのは別の理由がある。

なんと、東京電力の社員が経費で同店を訪れた疑惑が浮上したのである。まずは、このメンズエステ店が公式サイトに掲載した告知文をお読みいただきたい。その告知文は以下の通りだ。

・重要なお知らせ
9月14日から福島原子力発電所の問題が解決するまで東京電力の正社員、オリーブガーデンのご利用を一切お断り致します。また、沢山の方らかの提案で原発推進派の御用学者様の入店もお断り致します。なお、下請け会社で現場で日本の為に尽力を尽くされている方々は含みません。領収書で、宛名を各都度 憤りを感じ、そんな暇があるなら仕事しろということです。入店後発覚した場合、サービスは即中止。料金の返金にも応じません。貴方の◎◎◎を臨界に達して、メルトダウン、させている場合ではありません。

この告知文に「領収書で、宛名を各(書く)都度 憤りを感じ、そんな暇があるなら仕事しろということです」という記述がある。この一文を読むかぎり、東京電力の社員が原発事故後に会社のお金で風俗に通っているように思える。真相を確かめるため、当編集部はセクシー系メンズエステ店『オリーブガーデン』に電話取材をしてみた。

本業の忙しさにかまけ、また業界的なニュースが少ないこともあり、いきおい更新頻度が下がっており恐縮です。
編集部も何とか活動しております。

東電社員(の可能性があるお客様)が、自らの風俗店利用の代金を経費で落とそうとしている実情が店舗スタッフさんのブログから発信され、大きな反響を呼んでいるようです。

まあ何と言いますか、風俗利用を経費化している組織というのは東電に限らずかと思いますし、税務関係も通常の民間が国税に怯えるのとは比べるまでもないでしょうし、「東電ならそりゃやるよな」くらいな印象しか持てないのが悲しいです。

この半年間特に、東電、というよりも国が、もはやどうにもならないところまで腐っている状況を散々見せつけられた結果、憤りを感じこそすれ、どこか事態に対し無気力になっている自分が情けない限りです。
正直なところ、日々の仕事にいっぱいいっぱいで、原発事故にまつわるあれこれに全力で憤りを感じている余裕も無く、そこに全力で憤りを感じていたら間違いなく心が持たないな、と感じて自ら感情に蓋をしてしまう次第です。

大きな被害にあわれた方に大しては、またひとつ復興を遠ざける考え方であり、いくばくかの募金程度では到底贖うことの出来ない裏切りに違いなく。
でもまともに向き合ってしまったら、それこそ東電再生法など十分憤死出来るレベルのものを正面から受け止められる自信が全くありません。

そりゃこんな国民性なら海外から見たら「ジャップはキチガイだ」と言われて当然ですね。

ところでこれも、スタッフさんのブログを見ると一度や二度のことでは無さそうですが、誰かのカタリなどであった時のことを考えると、それはそれで恐ろしいですね。
カタリだと証明出来るものは出てこない(領収書を受け取った人間が名乗り出るはずもない)ので、実証されることも残念ながら無いでしょうが、それよりも、可能性としては相当低いとは思いますが、この一連の流れが、緻密に計算された集客手法だったとしたら…、さすがにその明晰さにゾッとしてしまいます。

関連ニュース

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

ページTOPへ