キャバクラみかじめ殺人 器物損壊で有罪判決 -愛知-

キャバクラ「クラブインフィニティ」の放火殺人事件に絡み弘道会系暴力団元幹部が器物損壊・建造物損壊罪に問われた裁判で、執行猶予付きの判決が出ました。

キャバクラ器物損壊:元組幹部に有罪判決 名地裁

名古屋市中村区で昨年9月あったキャバクラ「クラブインフィニティ」放火殺人事件の約2時間前、同店のドアなどを壊したとして器物損壊と建造物損壊罪に問われた同区の山口組弘道会系暴力団元幹部、浅利英勝被告(34)に対し、名古屋地裁は19日、懲役2年、執行猶予4年(求刑・懲役2年)を言い渡した。水野将徳裁判官は「暴力団の論理に基づく計画的で悪質な犯行だが、賠償金を準備している」などと述べた。

判決によると、浅利被告は10年9月2日午後11時10分ごろ、他の男3人に指示して同店のグラスやドアガラスを壊させた。

公判で検察側は、同店所属の風俗店グループが「みかじめ料」と呼ばれる暴力団への金銭支払いを拒否したことが背景にある、と指摘。浅利被告が所属していた暴力団の組長だった池本賞治被告(46)=殺人罪などで起訴=が、浅利被告に店を壊すよう指示したと主張した。

弁護側は、池本被告と親しい同店の前経営者が風俗店グループに解雇されたことから、池本被告がそれを恨んで犯行を指示したとして、みかじめ料と事件の関連を否定した。

当サイトでも継続して取り上げてきたキャバクラ「クラブインフィニティ」放火殺人事件について、関連する裁判でひとつ判決が出たようです。

捜査関係者への取材などでは、浅利被告がドアなどを壊した暴力行為に対し、所属暴力団の組長だった池本賞治被告が「手ぬるい」「もっとやれ」と不満を示し、その2時間後に池本被告らが自ら放火、という流れにいたったとのことらしいです。

犯行におよんだ経緯は、弁護側によるとみかじめとは無関係だとのことですが、その辺りがどう解釈されるかにより、今後の池本被告の裁判にも影響があるとみられます。

改正暴力団対策法により、組員のみかじめ獲得活動による暴力行為が発覚した場合、組織のトップも賠償責任を負うことが規定されたため、有事の際の上部団体によるしっぽ切りは近年より明確になってきているようです。

記事中で浅利被告は「元幹部」となっているので微妙ですが、浅利被告はこの件による破門を言い渡されておらず、放火殺人事件に直接関わったとされる池本被告ら3人がすでに破門されているようです。
それこそ現実のところはわかりませんが…

命の軽重に対する自覚が明確な業界ですから、当たり前と言えば当たり前かもしれませんが、どうにも良い気分がしませんね。

我々がこの事件から学べることは、無念ではありますが、みかじめひとつでも取り扱いを間違えば不幸な事件が起こるという不条理さを認識する以外に無いような気がしてしまいます。

関連ニュース

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

ページTOPへ