AKB48の写真で売春斡旋 組員ら逮捕 -東京-

公衆電話チラシに人気アイドルの写真をそのまま使って売春を斡旋したとして、暴力団組員ら5人が逮捕されました。
さすがにそのままはダメですよね・・・。

AKB48怒り!AKB48の写真使い売春を斡旋 組員ら5人逮捕

人気アイドルグループ「AKB48」などの写真をチラシに使い売春を斡旋(あっせん)したとして、警視庁保安課は売春防止法違反(周旋)の疑いで、東京都新宿区歌舞伎町、指定暴力団住吉会系組員で派遣型風俗店「アイドル」の経営者、広戸孝博(45)と埼玉県三郷市新和、同店元従業員、池田雅道(51)の両容疑者ら5人を逮捕した。

同課によると、広戸容疑者らは「売春はさせていない」などと容疑を否認しているという。

同課によると、同店は公衆電話ボックスなどに「AKB48」などの写真を使ったチラシを貼って宣伝。倉庫からはチラシ約60万枚が押収されており、著作権法違反の疑いももたれている。同店は平成18年に開店し、月150~200万円の売り上げがあった。

逮捕容疑は5月20日、東京都新宿区歌舞伎町の同店事務所で、男性会社員(48)から連絡を受け、渋谷区のホテルに女性(24)を派遣し売春させたなどとしている。

また、自宅に乾燥大麻を持っていたとして同課は、大麻取締法違反(所持)の疑いでも池田容疑者を逮捕、自宅から乾燥大麻約3キロ(末端価格約1800万円)を押収した。

AKB48に便乗した商売や販促策は、その人気や知名度が高まるにつれてアチラコチラで見かけるようになって久しいですが、風俗業界やAV業界などエロ産業でももちろん盛んです。

こうした「何かに乗っかる」という手法を選択する時、エロ関係業界は一般業界よりも肝が据わっているといいますが、悪く言えば著作権関係にはテキトウなところが少なくない為、見ているこちらが心配になってしまうようなものさえあります。

風俗業界でもいろいろやっているのを見かけましたが、よくあるところでは店舗名称やサイト名称がパクリなものや、女性の紹介コメントが「XXちゃんソックリ」といったもの、コスプレを用意してのイベントまで、まあ仮に自分でやらなくても誰かが考えてやるんだろうなと、想像の範疇を大きく超えるようなものはほとんどありません。
さすがに著作権がらみの自制という前提もあるのでしょう。

ところがこのケースは、あろうことかAKB48本人達の写真をそのまま利用していたようです。
しかも公衆電話ボックスに貼るチラシという、業界関係者なら誰しも前時代的だと思ってしまうような手法にあえて利用してアッサリ御用となってしまいました。

倉庫から押収されたチラシは約60万枚とのことですが、随分刷っちゃいましたね。
店舗の運営元が運営元なので、もしかしたら金貸し先の印刷工場に無理言って刷らせたとかそういうノリかもしれませんが、そこまでの数があれば、むしろ立派な「レアAKBグッズ」と言えるかもしれません。

今日日この手の販促が長続きすることはありません。
ダメなことはわざわざやらずに別の方法を考えた方が賢明です。

関連ニュース

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

ページTOPへ