デリヘル嬢狙った強制わいせつ 国交省職員逮捕 -秋田-

デリヘル嬢を狙った強制わいせつの疑いで、国土交通省の職員が逮捕されました。
こんなモノのために税金を払っていると思うとやり切れなくなりますね…。

デリヘル嬢狩り、国交省職員逮捕!

秋田市のビジネスホテルで、見知らぬ女性の体を触りまくったとして、秋田県警秋田中央署は21日、強制わいせつの疑いで、国土交通省秋田河川国道事務所職員、佐藤栄寿(さとう・よしひさ)容疑者(38)=秋田市八橋本町=を逮捕した。同署によると、「間違いありません」と容疑を認めているという。佐藤容疑者の標的は決まって“お務め”を終えた風俗業の女性だった。

本来払うべくお金を払わず、しかも暴力的行為でコトに及ぶという、なんとも不心得な国交省のエロ職員がお縄となった。

佐藤容疑者の逮捕容疑は、6月4日午前4時ごろ、秋田市内のビジネスホテル1階で、「ちょっといいですかぁ~」などと声をかけ、20代前半の女性を“ナンパ”。そのまま非常階段の踊り場に連れ込み、体中を触りまくるわいせつ行為をした疑い。サンケイスポーツの取材によると、女性は派遣型風俗店の従業員、つまりデリヘル嬢だった。

捜査関係者によると、佐藤容疑者に声を掛けられ、「なんでしょう!?」と応じてしまった女性は、いきなりTシャツの下から手を差し込まれ、胸をもまれるなどした。何度も「やめてください」と懇願したが、佐藤容疑者はますますエロ行為をエスカレート。しまいにはスカートの中にまで手を突っ込むにいたった。

引用させて頂いておいて失礼なんですが、ソースが「アレ」な感じなために信頼度に多少の疑問符はつくかもしれません。

記事によると、ホテルで仕事を終えたデリヘル嬢とみられる女性を集中的に狙い、犯行に及んでいたようです。

風俗に従事する女性なら訴えにくいだろうとか、わいせつ行為に対しての耐性も高いだろうなどと思っていたのでしょうか。
その透けて見えてくる考え自体が、男性として、人間としてカスだなぁと感じます。

何でも奥さんも同じ事務所に勤務する職員だそうで、逮捕の知らせを受けた直後、ショックで帰宅してしまったとのことです。
夫婦でいったいいくら稼いでいたのか知りませんが、たかだか女性の胸をタダで揉む程度の行為が、人生を棒に振る可能性すらも飲み込んでしまうほど価値のあるものだったのでしょうか。

関連ニュース

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

ページTOPへ