無許可風俗店を掲載した風俗店紹介サイトを摘発 -東京-

違法風俗店の広告を掲載したとして、サイト運営会社が摘発されました。

無許可風俗店をネットで広告掲載 サイト管理会社ら摘発

– 引用元の掲載内容削除に伴い、当サイトも記事を削除しました –

最近とくに、エステやマッサージを装い店舗型風俗店営業を企てる輩が増えてきました。
それこそ、いくら取り締まってもキリがないと思えるほどですが、そういった違法風俗店を掲載していたサイト運営会社が逮捕されました。

世に数多ある性風俗店紹介サイトと異なるのは、ほぼエステ・マッサージ専門で、掲載店が違法風俗店であると認識していた可能性が限りなく高かったということでしょう。

実際にサイトを見ると、ソープなどの店舗型、デリヘルなどの無店舗型性風俗特殊営業に分類されるようなお店の掲載はほとんどなく、ほとんどがエステ・マッサージ系のお店紹介となっていたようです。
サイトには風俗エステという括りもありますが、その辺りの確認業務などもザルだったのかもしれません。
大手風俗情報サイトの中には、広くエステ系の広告を扱っているところも多いので、そういったサイト運営会社はより厳格に確認作業を行うことが求められそうです。

記事中には「約100店の広告掲載中、ほとんどが無届だった」とありますが、摘発があった実際の店舗は7店舗、逮捕者は11人ということでした。
この辺りの数字のバランスは残念な限りですが、今後もこの手の店舗は厳しく取り締まられていくと思いますので、これからエステを装った店舗型風俗を立ち上げようとしても、場合によっては初期投資回収の前に捕まってしまうなんてこともあるかもしれませんね。

どうせ捕まってしまいますし、止めておいた方が無難なようです。

関連ニュース

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

ページTOPへ