出会い系喫茶装いマッサージ店 -東京-

先の風営法改正で規制対象となった出会い系喫茶を装い性的サービスを提供したとして、経営者の男が逮捕されました。
な、名前・・・

出会い喫茶装い違法サービス 「敦子の妹」経営者逮捕

出会い系喫茶を装った風俗店で性的サービスをさせたとして、警視庁保安課は20日までに、風営法違反(禁止地域内営業)の疑いで、東京都豊島区の風俗店「敦子の妹」の経営者の男(43)=墨田区=を逮捕した。

保安課によると、出会い系喫茶は児童買春の温床となっているため、今年1月の風営法施行令改正で、風俗店として規制されることになった。

経営者は改正前の昨年12月末に届け出ており、「出会い系喫茶を名乗れば摘発されないと思った」と供述しているという。

逮捕容疑は4月18日、風俗店の営業禁止地域にもかかわらず、店内の個室で、女性従業員(34)に、性的サービスをさせた疑い。

大塚の出会い喫茶ということですが、風営法改正前に出会い喫茶の届けを済ませ、悪意を持って性風俗店を営業していたようです。
今年の1月26日に「新機軸の」出会い系喫茶としてオープンしましたが、やったらいかんことをやっているのが「新機軸」の意味だったのでしょうか。

もとから出会い系喫茶を隠れ蓑に性的サービスを行う風俗店を営業するつもりであったようで、個室ボックスの跡地に店を構えていたようです。
一説によると月100万円ほどの売り上げだったようですが、賃料払って従業員(6人?)の給料払ってじゃやっていけません。

それはそれとして、ネーミングにただならぬものを感じますね・・・

関連ニュース

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

ページTOPへ