15歳女子中学生とカーセックス 買春容疑で逮捕 -埼玉-

当時15歳の女子中学生に3万円を渡し車の中で性交したとして、デリヘル従業員が逮捕されました。

15歳の少女と車内で性交 買春容疑の風俗店従業員を逮捕 「若い子で性欲を満たしたかった」

18歳未満の少女と知りながら性交し3万円を渡したとして、警視庁少年育成課は児童買春・児童ポルノ禁止法違反の疑いで、埼玉県入間市鍵山、風俗店従業員、黒木篤志容疑者(33)を逮捕した。

同課によると、黒木容疑者は「若い子と性交して性欲を満たしたかった」と供述しているという。

逮捕容疑は、昨年8月9日午前2時ごろ、埼玉県川越市吉田新町の団地敷地内に駐車した車内で、私立高校1年の少女(16)と性交、3万円を渡したとしている。

同課によると、少女は21年夏ごろ、バス停でバスを待っていた際に黒木容疑者から声をかけられ、車で駅まで送ってもらったのをきっかけに交流し始めた。当時少女は15歳の中学生で黒木容疑者は年齢を把握していたという。

フジの報道では「わいせつな行為」とされていましたが、性交があったようです。まあ値段が値段ですからね。

「若い子で性欲を満たしたかった」「自分に負けた」とは随分と正直な物言いですが、自らが勤めるデリヘル店で働かないかといったことも持ちかけていたといいますから、ベントウもってフラフラしている間に再犯するのかしないのか気になるところです。

15歳といっても、中身が小学生みたいな娘もいれば、その辺の社会人顔負けのシッカリした「女性」もいるので、15歳との性交が特異なことかというと、個人的には「特異なことじゃないけど禁止されていること」という感覚でしかないです。

ただ性犯罪の矯正というは、犯罪者が更正すると信じている限り絶対に無理、罰則強化以外に再犯率低下の実現は不可能だと思いますので、早々に「ナニを切る」などの罰則を導入して欲しいものです。

関連ニュース

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

ページTOPへ