暴力団排除条例案を県警が公開 -新潟-

来年夏の施行を目指し、新潟県が暴力団排除条例案をWeb上で公開、意見を募集しています。

県暴力団排除条例案:県警が公開 県民の意見募集中 /新潟

県警は、県暴力団排除条例案をインターネットのホームページ上などで公開し、県民から条例案についての意見を募集している。11年2月の県議会に提出する方針で、来年夏の施行を目指す。

条例案は(1)指定する特別強化区域(JR新潟駅前や古町などの繁華街を検討)内の飲食店や風俗店を対象に、「みかじめ料」と呼ばれる暴力団への用心棒代などの支払いの禁止(2)学校や図書館などの文教施設の周囲200メートル以内での暴力団事務所の開設・運営の禁止--などの内容。違反者には罰則を適用する。

また、暴力団事務所に利用されることを知りながら、不動産取引(譲渡、貸し付け)したり、旅館などが組長の襲名時などに会場を提供することも禁じ、違反した場合は県公安委員会が勧告したり、会社名を公表することができるとしている。

暴力団の資金源を断つ目的で全国的に施行が進んでいる暴力団排除条例ですが、今度は新潟でパブリックコメント手続が開始されました。

あまり広く長く受付を設けてモタモタしていても仕方ないのですが、意見募集は28日までとタイトなスケジュールです。
この年末のクソ忙しい時にどれだけの意見が集まるか不安が残るところではありますが、対象地域にお住まいの方は特に、意見を送ってみてはいかがでしょうか。

しかし不景気とはいえ、年末になるとやはりどこもバタバタしますね。
今年もラストスパート、頑張りましょう。

関連ニュース

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

ページTOPへ