福島市も客引き防止条例施行 来年4月 -福島-

福島県内の市区町村で2例目となる客引き・客待ち行為などの禁止条例が来年4月に施行される見込みとなりました。

福島市の客引き防止条例 来年4月に施行

福島市が制定を目指している客引き行為等防止条例は平成23年4月に施行される見通しになった。市は12月定例議会に条例案を提出する。条例制定は郡山市に続き県内市町村で2例目。

条例案では指定区域内の路上など公共の場所で風俗関係の客引きや不特定の人への呼び掛け、ビラの配布、客待ち行為を禁止してい

違反者への罰則は3月以下の懲役または20万円以下の罰金で、常習違反者は6月以下の懲役または50万円以下の罰金となる。

雇用側への罰則も設けている。指定区域は市道杉妻町・御山線(県庁通り)や13号国道(平和通り)に囲まれた約600メートル四方。JR福島駅東口の飲食店が並ぶ繁華街全域に設定している。

市は防犯団体や町内会代表を委員とした懇談会を設置し、識者や福島署などとも協議を重ね素案を策定。7月に市民から出された意見を踏まえ条例案をまとめた。

これで郡山に続き福島市でも客引きに対する規制が強くなされることになりました。
個人的には客引き大反対派な上、若干関わりのある地域なのでありがたい限りです。

次なる規制はちょくちょく摘発もあるいわき市あたりでしょうか。
いずれにしても、別に自分で遊ぶお店くらい自分で探しますし、これだけモバイルまわりが進化した昨今、突然「どこで遊ぼう?」となっても困らないだけの準備はしていますから、どうかお気遣いなく。

関連ニュース

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

ページTOPへ