客引き逮捕、条例施行後の初摘発 -京都-

条例施行により風俗店の無料案内が出来なくなってから約10日で、早くも我慢しきれなくなってしまったようです。

京都・木屋町で客引き逮捕、条例施行後の初摘発

京都の繁華街・木屋町でキャバクラへの客引きを執拗に行ったとして、京都府警五条署は9日夜、京都市中京区壺屋町、キャバクラ従業員・関根茂明容疑者(26)を風営法違反(客引き)容疑で現行犯逮捕した。

京都で風俗店の無料案内所の規制条例が1日に施行され、木屋町と祇園両地区の案内所計24店がすべて閉鎖。客引きが横行する恐れがあるとみて府警が警戒中だった。条例施行後の客引きの摘発は初めて。

発表では、関根容疑者は9日午後10時頃、中京区木屋町通四条上るの歩道上で、通行中の男性(46)の前方に立ち、「キャバクラどうですか。1時間4500円で飲み放題です」などと2~3分間、誘った疑い。容疑を認めているという。

想像していたよりも客入りの落ち込みが激しかったのか、はたまた従業員がたまたまやりすぎてしまっただけなのか、風俗案内の規制条例施行から約10日経ち、横行するとみられていた客引きで早くも摘発がありました。

通行中の男性に2~3分執拗に誘ったとのことですが、相当邪魔くさいですね。
通行を3分邪魔されたら大概直接のトラブルになりそうなものですが、そうならないような相手を見て執拗に声を掛けるということなんでしょう。

もし話を聞く気がないなら、ハッキリと断りましょう。

関連ニュース

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

ページTOPへ