女性暴行の自衛官、減刑 -兵庫-

風俗店に侵入し、休憩中の風俗店従業員2人を暴行した自衛官の刑が随分と軽減されたようです。

女性暴行の自衛官、懲役5年=心神耗弱認め刑減軽-神戸地裁

神戸市の風俗店に侵入し、女性2人に暴行したとして、強姦(ごうかん)などの罪に問われた海上自衛隊舞鶴地方総監部の海士長、金口隆史被告(27)に対し、神戸地裁(岡田信裁判長)は4日、「当時、心神耗弱状態だった」として刑を減軽し、懲役5年(求刑懲役10年)の判決を言い渡した。

同裁判長は「室内で安心して休息していた被害者らを一気に恐怖に陥れた」と指摘。一方で「全裸で駅を徘徊(はいかい)するなど行動に異常性が見られ、発達障害にかかっているため責任能力は限定される」とした。ただ被害者と会話が成立しているなどの状況から、「心神喪失までには至っていない」と判断した。

判決によると、金口被告は昨年6月21日、営業時間前の神戸市兵庫区の風俗店の出入り口をこじ開けて侵入。女性店員2人に乱暴した。

海上自衛隊舞鶴地方総監部の一瀬良文管理部長の話 隊員がこのような破廉恥な行為をしたことを誠に遺憾に思う。さらに服務指導の徹底を図りたい。

求刑10年に対し、心神耗弱状態が認められ5年の判決となりました。
性犯罪者に関しては、個人的にはもっと入っていて欲しいです。

なんでも犯行時はシンナー中毒による酩酊と広汎性発達障害の状態だったとのことです。日々訓練をしている屈強な男がそんな状態で町をウロウロしている時点で懲役ものだと思いますが、それで減刑になるのですから被害者の心境としてはたまったものではないでしょう。

管理部長さんの話も「隊員がこのような破廉恥な行為をしたことを誠に遺憾に思う」と言っているようですが、2人に対しての暴行は破廉恥行為などという軽い言葉では済まされないと思うんですがね。
自衛官が事件を起こすと必要以上に目立ってしまうというのもあるでしょうが、こうした認識力のもとに意識低下が蔓延してるんじゃないのか?と思われても仕方ない発言だと思うのですが、どうでしょう。

抑圧された日常を送っている人の方が、弾けた時に始末に終えないケースが多いです。
自分はヤバいな、と思っている人は、ちゃんと風俗に行くなりして発散しておくことも重要です。

関連ニュース

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

ページTOPへ