出会い系喫茶規制、意見募集中 -静岡-

全国的に風当たりが強くなっている出会い系喫茶ですが、静岡では既存店の営業そのものを規制されてしまうかもしれないようです。

出会い系喫茶:営業禁止を検討 県警、県民から意見募集 /静岡

児童買春を招く可能性が指摘されている「出会い系喫茶」について、県警は4日、県内での営業禁止や広告宣伝の制限などの可否について今月末まで、県民から広く意見を募ると発表した。県警は営業禁止などの措置に踏み切りたい考えで、寄せられた意見を踏まえ、規制に必要な県公安委員会規則の見直しを検討する方針。

この業態は、面識のない異性同士を店舗内で引き合わせるシステム。県警は6月、JR静岡駅南口近くの出会い系喫茶「しずカフェ」の経営者らを児童福祉法違反などの容疑で逮捕。店の女性会員約1000人を調べたところ、半数以上が18歳以下だったことが判明し、問題化した。県警によると、県内では現在、同様の店が西部地区に1店あるという。

国は風営法の政令を見直し、来年1月以降、出会い系喫茶に対し18歳未満の入店を禁じる「店舗型性風俗特殊営業」の規制を適用する。県警は今回、この規制の導入をにらんで営業そのものまで規制したい考え。

意見は、静岡市葵区の県警本部の保安課で直接受け付けるほか、ホームページを介して電子メールでも受けている。

新規出店はもう不可能と考えてよい出会い系喫茶ですが、既存店までなし崩しに営業規制しちゃおうぜ、という考えのようです。

実際に経営者らが児童福祉法違反などの容疑で逮捕されており、ただでさえ市民感情はあまりよろしくないでしょうから、この意見公募で「無くせ、無くせ!」という意見が大量であれば、営業終了ということにもなりかねません。

まあ店の女性会員1000人のうち半数以上が18歳以下だったというのはいささかやり過ぎだったのかもしれませんが。
アンフェアなジャッジであれば釈然としないものですが、悪影響が如実であれば、今度は規制せずに放置しておけば「何だ!」という話になりますからね。

まあ結局は風俗業界ですから、あいまいな線引きや突然の規制で攻撃されるのも、ある程度は覚悟しておかなければならないのかもしれませんね。

関連ニュース

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

ページTOPへ