マンションでひっそりカップル喫茶 -愛知-

ひっそりとマンションで経営していたカップル喫茶が摘発されました。

保健所の許可を受けていないのに客に飲食物を出したとして、愛知県警は30日、名古屋市中区千代田4丁目の喫茶店「Z(ゼット)」を食品衛生法違反(無許可営業)の疑いで家宅捜索し、店長の男(57)ら2人を同容疑で現行犯逮捕した。同店は客同士で性行為を見せ合うことなどを目的にした「カップル喫茶」で、客の男女6人を公然わいせつの疑いで逮捕。店長らを同幇助(ほうじょ)の疑いでも調べる。

1990年代に「新風俗」として急増したカップル喫茶は、警察に摘発されて下火になったが、近年はマンションを借りて営業する店が増えている。同店も住宅街のオートロック式マンションの6階にあり、表向きは住宅だったが、携帯電話やパソコンのサイトを開設して客を集めていた。

中署の発表では、同店は中保健所の許可を受けずに、客に飲み物を提供した疑いがある。サイトには店の詳しい住所を示さず、一見の客には電話をさせて店まで誘導。店内の様子がわかるように、「カップルさん5組になりました」などと、従業員が1日10~20回、客の出入りを書き込んでいた。

いまやニッチになったとも言えるカップル喫茶需要ですが、やはり一定の引き合いはあるもので、なかなか壊滅とはいきません。

サイトには詳細な住所を示さなかったといいますが、きっと家主さんもカップル喫茶を営んでるとは思ってもいないでしょうから、そりゃ示せません。

ちなみに状況をしらせる掲示板は、摘発以後は投稿が「管理者の承認待ちです」のみになってしまっています。
復活する日は来るのでしょうか。

関連ニュース

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

ページTOPへ